MBA流 大人の学ぶ力

MBAのフレームワークやマネジメント理論を応用しながら、ビジネス・社会問題から何が学べるかを考察します。by 若林計志

卒業生に付加価値をつけて、奨学金でWin-Win の関係を作ろう

学生奨学金の返済で首が回らなくなっている卒業生の話題が、たまにメディアを騒がせます。

 

そこで日米で状況を比較して見ました。 

business.nikkeibp.co.jp

 

私は米国の大学を出ましたが、米国では私学と州立でどーんと学費が違います。

 

*名門私立大学の年間学費
ハーバード大学 3万7,012ドル(380万3,000円)
マサチューセッツ工科大学 3万7,782ドル(388万2,000円)
スタンフォード大学 3万8,676円(397万4,000円)」


州立の4年生総合大学
2009年 入学料:なし/授業料 + その他:6,695ドル/計:6,695ドル(約73万円)

 

米教育省によると、学費から奨学金助成金(返済義務なし)を引いた平均学費支払額が、

 

公立大学で約150万円

私立大で250万円

 

ほど。残り部分を大学のStudent Aid Officeでローンする場合が多いようです。

 

金利ハーバード大学の場合、10年国債金利+2.05%で上限は8.25%。(同大学ホームページによる)日本学生支援機構と比べると金利負担は高い気がします。

 

第二種(利息が付くタイプ) - JASSO

 

もちろん米国にも卒業後にローン返済に苦労している人もいますが、それはある種当たり前のこと。

 

一旦社会人になってから、大学に入る人もかなりいます。日本だけが特別ローン金利が高いわけではないので、金利以外に何か根本的な問題がある気がしますね。

 

筆者は、日本の大学が卒業生に付加価値(マーケットバリュー)をつけられていないのが問題の一つではないかと考えています。

 

そこで、日本の各大学も米大学と同様に学生向けに独自のStudent Aid を発行して、学生に付加価値をつけることに真剣に取り組んだらどうでしょうか。

 

いい加減な卒業生を輩出したら貸し倒れになりますし、うまくいけばちゃんと金利で儲かり、卒業生も大学もWin-Winです。 (Netgeekはかなり偏向しているメディアなのでご注意を。)

  

gakumado.mynavi.jp

「ほぼ日」はなぜ雑談を重視するのは経営戦略。そのまま真似しても成功しない

業種にもよりますが、「イノベーション」や「おもてなし」を提供価値をメインにしている会社は、意図的に知の交配が起こりやすい環境をつくっています。

 

かつてのソニーに、社員が終業後に集まって勝手に製品のプトトタイプを作れる場があったり、Apple, Googleなどが社屋に遊び場を作ったり、社内食堂に力を入れているのも同じような理由からです。

 

同じコンテクストで、糸井重里さんの「ほぼ日」なんかは、まさにそういう職場なので雑談が多いのだろうと推測します。

 

www.dhbr.net

 

会社には

 

「おもてなし」

「効率」

イノベーション

 

という3つの異なる価値観(バリューシステム)が存在しています。

 

blog.flow-one.com

 

そのバランスの配合は、経営戦略によって大きく異なります。例えば、「効率」を武器としてスケールさせること(規模拡大)を中心目標としている会社では、雑談は無駄以外の何者でもありません

 

したがって、会社の向かっていく方向と、バリューをうまくアラインメントしなければならないのです。

リファクタリング(フローパッド開発メモ 2017.7.4)

いろいろ新機能をシステムを実装してくると、プログラム自体が複雑なスパゲティ状態になって、それぞれがちょっとしたことでコンフリクトを起こしてバグの原因になります。

 

また新たな機能を付け足したことが他の操作に影響して、帰って使いづらくるという「デグレ」問題も発生します。

http://wa3.i-3-i.info/word11087.html

 

で、現在は新機能を実装するために「リファクタリング」という作業を実施中。

 

要は将来に備えて、ぐちゃぐちゃになりつつあるプログラムを整理整頓しましょうという作業(と理解している)

 

リファクタリング (プログラミング) - Wikipedia

 

一見簡単そうな(?)プログラミングですが、いろいろなテクニックが必要になりますね。

 

www.f-pad.com

マルチプラットフォーム対応(フローパッド開発メモ 2017.6.30)

一つのウェブサイトをPC、タブレットスマホなどの画面に合わせて自由に変形させて表示させる

 

「レスポンシブデザイン」

 

という手法がある。

 

当然、フローパッドもこの技術を全面的に採用している。レスポンシブが出てくるまでは、スマホ用の専用のページを別途作る必要があったことを考えると、本当に素晴らしい技術である。

 

しかし、スマホで本格的にサービスをしようとすると、どうしても「プッシュ通知」機能が欲しい。

 

そうなると、やはり「アプリ」を別途作る必要が出てくる。

 

以前に「トイクルヒーロー」というiPhone向けアプリを開発した際に、iOSアプリの開発ツールである「X-Code」や開発言語のSwiftについてざっくり学んだ。

 

www.flow-one.com

 

しかし、アンドロイドを無視する訳にはいかないので、そちらにも対応しようとするとアンドロイドアプリ用のJavaAndroid Studioも必要になる。(iOSもアンドロイドも言語を一緒にしてもらいたいものだが。。!)

 

どうしたものかと思っていたら「Monaca」という、iOSアプリとAndroidアプリを同時開発できるハイブリッドプラットフォームを教えてもらった。

 

ja.monaca.io

このプラットフォームが救世主となり、FlowPADのアプリ版は、Monacaベースで開発・リリースすることになった。

 

ただしネイティブアプリに比べると、若干もっさり感があるのは否めないので、数年先にはネイティブで開発したいところ。

エンジニアのコスト(フローパッド開発メモ 2017.6.28)

日本はエンジニアさんが不足しているという話は聞くが、実際の肌感覚としてもそんな感じがする。

 

現在エンジニアには、人月計算(man-month=、1人のエンジニアが1か月雇うとしたときのコスト)で仕事を委託しているが、当然ながらできるエンジニアはコストも高いし、基本忙しい。

 

ランサーズやクラウドワークスでももちろんエンジニアは探せるが、どのぐらいの単価が適正なのかがいまいちはっきりわからない。

 

オフショア開発系の会社にも、いろいろ話を伺ったが、月150万円+の仕事量があれば、コスパは圧倒的に高いそうだ。

 

いずれにしろ自分自身がバリバリのエンジニアだったらその辺りをもう少しジャッジできるのだが、私はマネジメントサイドなので、技術ディレクターか、信頼できるパートナーに技術的評価を委ねるしかない。

 

また下手に依頼して、変なコードを本体に結合してしまうと、デグレ(degrade)が起こり、前よりクオリティが落ちてしまうリスクもある一方、スーパーエンジニアは、ミニマムのプログラムで数倍の処理速度のプログラムコード書いてきたりするので、結果的に最低レベルの人を3人雇うより安くついたりすることもある。

 

このあたりが難しいのである。したがって具体的な方法としては、

 

1)過去の実績を考慮する

2)一度試験的に一部のプログラムを作っていただいて評価する

 

といったステップになる。もちろんいくらエンジニアさんが優秀でも、こちらの要件定義がふわふわしていると、依頼者ーエンジニアの間で認識の齟齬が起き、お互いに不満を残す結果になる。

 

システム開発は深い。

サービス投入時期の見極め方(フローパッド開発メモ 2017.6.28)

リーンスタートアップや、MVP(Minimum Viable Product)、POC(Proof of Concept)など、とにかくコンセプトを具現化して、ベータ版を市場に投入して、ブラッシュアップしていくという話はよくある。

 

特にシリコンバレーなどはこの動きが激しい。

 

ただし実際にウェブサービスを作ってみると、どのあたりが閾値(Threshold)なのかを見極めるのが難しい。

 

つまりサイトやサービスのプロトタイプがあまりにも使いにくいと、実際的なサービスの価値が理解される前に、ユーザーが

 

「このサービスは使えない」

 

というジャッジをしてしまうリスクがあるのだ。心理学的には「初頭効果」というが、一度悪いイメージが定着してしまうと、それを覆すのが結構難しい。

 

さりとて、ずーっとコンセプトを温め続けていても、他者が似たようなコンセプトで参入してきて、先行者利益をえてしまうリスクもあるわけで、見極めが難しいのだ。

 

よい結論はないが、まず顧客情報の流出防止などの絶対的な条件として作り込む必要はあるとして、

 

オプショナルなサービスは手動対応を覚悟して投入するしかないのだと思う。

 

www.f-pad.com