MBA流 大人の学ぶ力

MBAのフレームワークやマネジメント理論を応用しながら、ビジネス・社会問題から何が学べるかを考察します。by 若林計志

ロールモデル学習法(情熱大陸 落合陽一)

「やっぱり親子なんだなー」

 

というのが情熱大陸の落合陽一さんの回を見ての感想です。

ここ数年で一気にメディアへの露出が増え、注目されている落合氏。父親はジャーナリストの落合信彦氏です。

 

私(現在43歳)はお父さんの方にがっつり影響を受けて育った世代であり、私の人生のターニングポイントにおいても大きなインパクトを持ちました。

 

落合信彦との出会いは中学2年の時。親友が「この本はすごい!」といって紹介してくれたのが、落合さんの「狼たちへの伝言」でした。

 

 

私もすぐに読んで相当インパクトを受けたものの、なぜかその後は少し関心が薄れていました。

 

ただ、大学受験生だった頃に、当時日米貿易摩擦橋本龍太郎通産大臣が、アメリカとの交渉後に敗北し、情けない顔で記者会見しているのをテレビで見たり、

 

暗記科目をやりながら「この勉強に何の意味があるんだろう」と悶々としていた時に、突然落合さんの代表作「あめりかよ!アメリカよ!」が記憶に蘇りました。

 

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%82%88-%E3%81%82%E3%82%81%E3%82%8A%E3%81%8B%E3%82%88-%E8%90%BD%E5%90%88-%E4%BF%A1%E5%BD%A6/dp/4087751090

 

そこで

 

「そうだ!京都に行こう」ならぬ「そうだ!アメリカに行こう」

 

と思い立ち、即行動に移しました。

  

結局、私も落合さんの出られたオルブライト大学を出て、現在のキャリアを歩んでいるのですが、私がジャーナリスト・作家になったかといえばそうではありません。

 

ただ、それでよかったと思います。

 

人生のそれぞれの時点で、自分がなんとなく魅力的に感じたものや、直感的に面白いと思ったものを

 

ロールモデル

 

としてとことん自分の中に取り込む努力したり、私淑するやり方はかなり有効だなと自分では思っています。

 

それも一番良いのは、その人物に近い環境に自分をおいて同じ空気を吸うことだ私は思っています。形式知暗黙知を含めて無意識に自然に学習するからです

 

いづれにしろ、人は真似しようとしても真似しきれるものではありませんし、自分では完コピしたと思っても、他人から見たら、その人の個性がプラスされたコピーです。

 

またそのうち個性がはみ出るところが絶対に出てきます。

 

例えば、落語の世界を見ると、師匠の技を受けついでいても、弟子は弟子なりに味わいがあります。それ「が」いいのです。

 

もちろん、それが永遠に単なる劣化コピーだったら無意味かも知れませんが、「自分がなぜその人物に憧れたのか」を突き詰めて考えれば、そこには自分と向き合う内省プロセスが生まれ、本当に自分のやりたかったことがうっすらと見えてきます。

 

このような(無意識の)「ロールモデル学習法」で飛躍した有名人として私が思い浮かぶのは下記のような方々です。

 

もちろん、ご本人が真似しようとしたわけではなく、人生のある時期において憧れたり、影響を受けたという意味です。

  

落合信彦→落合陽一

藤田田孫正義

ケネディクリントン

手塚治虫→多くの漫画家

宮崎駿庵野秀明細田守など

松下幸之助稲盛和夫など

立川談志立川志の輔

 

このような学びの作法は、武道でいえば「型」を学び、「型」を破って新しい方を生み出す「守破離」と同じなのです。

 

最後に、落合陽一さんが親父のセリフとして語っていた言葉。

 

どうせ大した命じゃないんだ。燃え尽きるまでやれ

クラウドとブランチの矢印が逆になっている理由

TOCfE(教育のためのTOC)では、主に

 

「ブランチ」(因果関係の解明)

クラウド」(対立解消)

「アンビシャルターゲットツリー(ATT)」

 

という3つの手法を学びます。この中で、「ブランチ」と「ATT」は「十分性のロジック(Sufficiency-Based Logic)」に基づいており、「クラウド」は「必要性のロジック(Necessity-Based Logic)」に基づいています。

 

十分性のロジック(Sufficiency-Based Logic)」では、「If, Then(もし、**ならば、結果として***である(する)」という形になります。

 

必要性のロジック(Necessity-Based Logic)」では「In order to***, we must

***(**するためには、***しなければならない)」という形になります。

 

この違いを具体的に説明します。下記の2つの文章があります(矢印が逆です)

 

1)「キャリアップする(したい)」←「早起きする」

2)「キャリアップする(したい)」→「早起きする」

 

1は「キャリアップするためには、早起きしなければならない(というプレッシャーを感じる)」という必要性のロジックです。

 

(「早起きする」という原因をつくれば、キャリアップするという(結果を得られる」という因果関係として理解することもできます)

 

ーーーーーーー

一方、2)は「(もし)早起きするならば結果としてキャリアップできる」という十分性のロジックです。

 

つまり

1)「キャリアップする(したい)」「早起きする」はクラウド

2)「キャリアップする(したい)」「早起きする」はブランチ型

 

と言い換えられます。

 

この2つは補完関係になっています。たとえば、クラウドで「キャリアップするためには、早起きしなければならない」という必要性のロジックを作ります。

 

その後で、矢印をひっくり返して、「キャリアップする(したい)ならば、結果として早起きする」という十分性のロジックを作った場合、「キャリアアップするためには、早起きだけでは十分でない」ことがわかります。

 

例えば早起きしても無駄な勉強をしていては、キャリアップはできません。しがたって、十分性を補完するための、仮定を追加する必要があるのです。

 

蛇足 

私も当初頭がこんがらかっていたので、わかりやすくまとめてみました。

 

 

Theory of Constraints Thinking Process CCRT 3 Cloud Process

ーー

数学でいう「必要条件」「十分条件」では、A→B という関係があるとき、

 

「Aは(Bであるための)十分条件

「Bは(Aであるための)必要条件」

 

といいますが、これは「十分性のロジック」と矢印が同じですね。

サーバーへの攻撃1日5000回?!

よくニュースで、サーバー攻撃のニュースを見ますが、うちのサービス(FlowPAD)でも御多分に漏れず、多い日で1日5000回ぐらい攻撃を受けます。

 

ここは開発パートナーのSさんがすでに予測済みで、色々な仕掛けでブロックしています。DOS(DDOS)攻撃などは有名ですが、困ったものです。

 

 

これからAIは発展してきて、自動車を含めあらゆるデバイスやマシンがネットワークに組み込まれると、それらをハッカーに乗っ取られるとかなり危険な世界になりそうです。

 

自動運転で一般的に交通事故は減ると思われますが、逆にネットワークのセキュリティがキモになりそうですね。ソフトバンク参加のARMなどいろいろな会社が活躍しそうです。

 

トップページのデータ読み出し速度を上げる(ページング Pagenation)

現在フローパッドは、トップページの読み出しに10.00sぐらいかかります。これがもっさり感につながっており、当面このスピードアップが課題です。

 

なぜそんなに時間がかかるかといえば、timelineというファイルの生成に時間がかかっているため。ファイル自体は重くないので、この処理の高速化に取り組みます。

f:id:wakabayk:20171030065502p:plain

 

フェイスブックTwitterベンチマークすると、大体トップページの読み出しは5s程度なので、同じレベルを目指します。

 

日々改善です。

ーーーー

11月2日

トップページの読み出しスピードアップのために「ページング(Pagenation)」を実装しました。実感値としては、読み出し時間がほぼ倍速(時間としては半減)しました。

一覧リストにおけるページングについて : circumstance evidence

JS(Javascript)がヘビーに使われているページへの実装は少し時間がかかりそうですが、今回のアップデートでかなり利便性がアップしたことは確かです。

ロジカルシンキングは帰納法から始まる

ロジカルシンキングに「帰納法」と「演繹法」があるが、演繹法において前提となる定理も、根本的には経験や事実の積み重ねによる「帰納法」でできている。

 

100年上手くいったことでも、それは「普遍の定理」にはならない。(100年火山が噴火しなくても、101年目には噴火するかもしれないし、これまで安全だった原発も、将来事故を起こす可能性がないとは言い切れないのだ。)

 

ロジカルに考えたつもりでも、それが上手くいかないのは、自分の経験範囲において無意識に帰納法的な「定理」(暗黙の了解)をおいてしまっているから。

 

そこを本来は疑わなくてはならない。

地味にスピードアップ活動

FlowPADにいろいろと機能を追加していくと、当然ながらどんどんスピードが遅くなります。

 

そこで、データベースへの問い合わせ回数を減らしたり、プログラムを改善したり、ネットワーク構成を変えたり、memcashed でDBへのアクセス回数を減らしたりという、地味な改善努力が必要になります。

 

その際に役に立つのが「Chrome」に標準装備されているDeveloper Toolsの「Network」機能。

f:id:wakabayk:20171016180643p:plain

 

どこのプロセスにどれぐらいの時間がかかっているかを表示してくれる頼もしい奴です。

 

こいつのおかげで最近も一部のプログラムが妙なループをしていることがわかり、それを取り除いたことで、30%ほどスピードがアップしました。

 

またTEDの動画をインライン表示すると、自動的にデータをダウンロードしてしまう仕様になっていることが判明し、インライン表示を諦めデータ通信量を抑える改善を行いました。

 

このツールを使ってGoogleFacebookといった巨人のサービスのスピードを見ていると「すごいなー」といつも感心します。負けてられません。

 

www.buildinsider.net

カンブリア宮殿) 高岡浩三(ネスレ日本 代表取締役社長兼CEO高岡 浩三)に学ぶイノベーション経営

先日放送された「カンブリア宮殿」を見たメモです。

 

ポイントをマインドマップ風にまとめました。

f:id:wakabayk:20171016163331p:plain

番組メモ

ざっくり5つぐらいにポイントをまとめました。

 

1)イノベーション=「問題発見」

2)イノベーションに抵抗はつきもの

3)兆しを見つけて足で稼ぐ

4)社内事業提案制度の肝は審査側

5)バリスタiの「見守りサービス」でイノベーション

ーー

1)イノベーション=「問題発見」

高岡氏曰く、「顧客がまだ気づいていない問題を発見し、解決すること」こそがイノベーションとのこと。同社の「バリスタ」は、その例で、自宅で1人でコーヒーを飲むのに、手軽に素早く、そして本格的で美味しいコーヒーを飲むためのソリーションとして開発された。

 発売すると、予想外にオフィス需要が喚起されたことから、さらにそこにソルーションとして「アンバサダー」制度を作ったという。マシンはタダで貸し、メンテをアンバサダーにやってもらう仕組みだ。すでにアンバサダーは35万人いるというからすごい。

(こういう予想していなかった兆しをきちんと見つけ、ビジネスモデルに落とし込むところがさすが。)

 


ネスカフェ アンバサダー 「香りがくれたもの」篇 2017

 

似たようなオフィスを狙った商品として「オフィスグリコ」がある。これはオフィスにお菓子の入ったボックスを置いておいて、お菓子をとったら自主的に100円を入れる仕組み。

 

似ているのは、ユーザーが使った分だけ自主的にお金を支払う点。信頼関係で成り立つオフィスだからワークする仕組みと言えます。(田舎に道路脇によくある「青空市場」でも同じようなビジネスモデルがワークしています)

 

ちなみにアンバサダーは無報酬ですが、なんでやりたい人が多いかと言えば「感謝される」という内発的動機に基づくようです。

 

確かにお金が発生すると、外発的動機の側面が強くなりますし、会社としても導入のハードルが高くなりそうなので、無償のアンバサダー制度はうまいなと思います。

 

2)イノベーションに抵抗はつきもの

ネスカフェは「レギュラーソリュブルコーヒー」という製法で作られており、これまでのインスタントコーヒーとは製法が異なるとのこと。しかし、この製法を開発したばかりの頃は、同社はインスタントコーヒー協会の理事だったそうで、「インスタントを否定するのか」とかなりの抵抗にあったそうです。

 

しかし「顧客にベストなものを提供する」という理念から、インスタントをやめるという意思決定を行ったそうです。

 

3)兆しを見つけて足で稼ぐ

キットカットが近年ブレークするきっかけになったのが、受験関係のプロモーション。九州あたりで「きっと勝とう」という語呂でキットカットを送るのが流行っていたのを知って、大々的にプロモーションをかけたそうです。しかし最初の数年は鳴かず飛ばずで、社長自らホテルにドサ廻り営業をしたそうです。やっぱり、足で稼ぐって大事。

 

4)社内事業提案制度の肝は審査側

同社では社内事業提案制度「イノベーションアワード」を設けており、毎年4000以上の応募があるとのこと。そこへの参加が評価制度にも組み込まれているそうです。

 

とくに私が面白いと思ったのは、制度運用で重要なのは「いいアイデアを潰さないこと」という指摘。

f:id:wakabayk:20171016170059p:plain

 

出てきたアイデアを役員が上から批判するのではなく、チャンスのタネを見つける眼力や、原石を磨き上げる心構えが必要であると、繰り返しおっしゃっていました。

 

この辺りは「組織成長の4段階目の壁」を彷彿とさせます。

 

コンテストに出す方も、アイデアがちゃんと審査されることが分かれば、気合が入りますよね。(私の経験上も、多くの会社で新規事業コンテストが盛り上がらない理由は、審査側にあるように思えます。)

 

ちなみキットカットショコラトリーなどはイノベーションアワードから生まれた好例。

mainichi.jp

 

5)バリスタiの「見守りサービス」でイノベーション

ネスレ日本では、LINE、SONYなどと組んで、音声認識バリスタマシンが起動したり、マシンを使ったら、それが家族や登録された人に通知される「バリスタi」を実証実験している模様が映し出されていました。

 

nestle.jp

 

象印のポットも同じような「見守りサービス」を展開していますが、シニア層が増える日本で流行るかもしれませんね。

 

www.mimamori.net

 

もしくは、Amazon Axela かGooge HOMEが、この音声認識プラットフォームのところを握って、各社とアライアンスを組んだマシンが次々登場するかもしれません。

 

さて、ざっくり気づいたポイントを書いてみましたが、まだまだ見落としている箇所は多そうです。それぐらい内容があるってことですね。